USB-RSAQ2

Facebooktwittergoogle_plusmail

Let’s note s9のOSをWindows7 64bitに再インストールした

メモリを4GBも積んでいるのに32bitではもったいない
RAMディスクとして未使用領域を使うこともできるだろうけど、ここはなんとしても64bitにこだわりを持ちたい

主なソフトはなんなくインストールできたが、私の仕事に必須とも言えるUSB・シリアルコンバーターが動かない
W2以上に使い込んでいるIODATA USB-RSAQ2(http://www.iodata.jp/prod/mobile/serial/2003/usb-rsaq2/)のUSBドライバがインストールできない


これが動作してくれないとWindows7 64bitは諦めるか最新のUSB-RSAQ5に買い換えるか。それでも64bitはサポートされていないようなんだよね

とりあえずネットで探すと下記の情報を見つけた

Windows/Vista /USB-RS232C(シリアル)
http://wiki.tomocha.net/Windows_Vista_USB-RS232C.html

IC3の5番ピンを浮かせるとPL2303のドライバ(WinVista/Win7)が使用可能。

改造すればWindows 7 64bitで動作するようだ。しかし世の中にはすげー人たちが多いなぁ
早速分解して基板を眺める。基板にIC3という文字を発見。このICチップの5番ピンを切断すればいいのか

でもピン位置がわからない。検索すると下記のページがヒット

ICの足番号の数え方
http://www.iccraft.com/parts/ic/package.html

  1. ダメモトで、当たりをつけた5番ピンを基板と切り離す
  2. Driversをダウンロード
  3. PL-2303 Software and Drivers(http://www.prolific.com.tw/eng/downloads.asp?ID=31)
    からPL2303_Prolific_DriverInstaller_v1210.zipをダウンロードしてインストール

  4. S9に接続してテスト
  5. 見事に認識してくれました。感激です

これで、暫くはUSB-RSAQ2も現役でがんばれます

ちなみにどうしても利用できないのがau携帯のW51H
2007年3月に購入してすでに3年経過してるけど、まだまだ現役。
これにUSBケーブルつないでアドレス帳などのバックアップを行っていたけどUSBドライバがインストールできない
携帯を買い換えればいいのだろうけど、物欲をそそる携帯がないのと5万円近い出費するならSSDとか買いたい

そういうことでW2からS9への移行もほぼ終に近づいた
たくさんの情報を提供してくれる人々に感謝です

Leave a Reply