Windows Server 8 Beta on VMware Workstation 8

Facebooktwittergoogle_plusmail

Windows Server “8” ベータ版がDownload可能になっていますので、またまたVMware Workstation 8にインストールしてみました

Windows Server “8” ベータ版
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server/v8-default.aspx

Windows Server “8” Beta のダウンロード
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh670538.aspx?ocid=&wt.mc_id=TEC_108_1_33

Windows Live IDでログインしてISOをDownloadします
今回利用したのは[8250.0.WINMAIN_WIN8BETA.120217-1520_X64FRE_SERVER_JA-JP-HB1_SSS_X64FRE_JA-JP_DV5.ISO]で約3.4GBのイメージです


いつものようにVMware Workstationの新規仮想マシンの作成手順でインストールを行いました

  1. 新しい仮想マシンを作成します
  2. 新規仮想マシンウィザードへようこそ
  3. いつものように[標準(T)(推奨)]を選択

  4. ゲストOSのインストール
  5. インストーラディスク イメージファイル(M)(iso)でDownloadしたISOイメージを指定

  6. ゲストOSの選択
  7. OSの種類を検出できないので手動で指定。Microsoft Windows(W)でバージョンは一番近そうなWindows Server R2 x64を選択

  8. 簡易インストール情報
  9. Windows プロダクトキーは空欄のままWindowsのパーソナライズだけ指定

  10. 仮想マシンの名前
  11. 仮想マシンの名(V)と場所(L)を指定

  12. ディスク容量の指定
  13. ディスク最大サイズ(S)を指定

  14. 完了でインストール開始

あとは勝手にインストールが開始され完了を待つだけと思ったらエラーで止まってました

やはりWindows 8のように評価版のプロダクトキーが必要なのかと思いネットを彷徨っても一向に見つけられない
Microsoftのフォーラムには同様にVMwareにインストールしようとしてKeyを要求されたけど、これは何のKeyだよって質問が上がってたりした

Windows Server 2008や2008 R2からのアップグレードに対応している様だが、ひょっとしてベースの2008が無いとダメ…等々悩んだあげくこれだけ探しても見つからないならkeyは必要ないな。ならISOからカスタム設定でインストールしてみるか

  1. 新しい仮想マシンを作成します
  2. 新規仮想マシンウィザードへようこそ
  3. [標準(T)(推奨)]を選択

  4. ゲストOSのインストール
  5. あとでOSをインストール(S)を選択

  6. ゲストOSの選択
  7. Microsoft Windows(W)でバージョンはWindows Server R2 x64を選択

  8. 仮想マシンの名前
  9. 仮想マシンの名(V)と場所(L)を指定

  10. ディスク容量の指定
  11. ディスク最大サイズ(S)を指定

  12. 仮想マシンを作成する準備完了
  13. [完了]

  14. 仮想マシンを手動でパワーオン
  15. Operating System not found
  16. OSがインストールされていないので、もちろん起動してきません。ここで仮想OSのDVDにインストール用ISOイメージを接続してあげます

  17. 仮想OSを再起動

あとは無事にWindows Server 8のインストールが開始されました(^_^)v

Leave a Reply