Windows 8.1 ProでBitLockerを使う

Facebooktwittergoogle_plusmail

先日購入したNEC LZ550/SSBをProfessional Editionにアップグレードしたい一番大きな理由はBitLockerが利用できることでした

BitLocker でファイルの保護をサポートする – Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/bitlocker-drive-encryption

Windows 7ではUltimateとEnterpriseエディションでのみ利用可能だったのですが、Windows 8からはProfessionalエディションでも利用できるようになっていました

Windows 7ではフリーソフトのTrueCryptを利用して内蔵ドライブをすべて暗号化していました
ところが今年5月に開発停止と提供が終わってしまいました。「TrueCryptは安全では無い」との理由で使用の停止とBitLockerなどへの移行を推奨しています

TrueCrypt
http://ja.wikipedia.org/wiki/TrueCrypt


初めてのBitLockerなのでメモを残しておきます
NEC LZ550/SSBはTPM(Trusted Platform Module)が搭載されていませんので先にグループポリシーの変更が必要になります

  1. グループポリシーの変更
  2. グループポリシーで「スタートアップ時に追加の認証を要求する」を開いて有効、さらに「互換性のあるTPMが装備されていないBitLockerを許可する」にチェックをして[OK]をクリックします

    Screen0831141136

    Screen0831141147

  3. BitLockerを有効にする
  4. 今回の機種はシステムドライブCのみなので、このドライブをBitLockerで暗号化します。「BitLockerを有効にする(B)」を選択します
    Screen0831141135

  5. ロック解除方法の選択
  6. OS起動時にドライブのロックを解除する方法を選択します
    USBフラッシュドライブの方が安全性は増すのでしょうが、2個しかないUSBポートを毎回1つ塞ぐのは何かと不便なので今回はパスワードに設定しました
    Screen0831141148

  7. パスワード設定
  8. パスワードを設定します。複雑さの満たす必要があります
    Screen0831141149

  9. 回復キーのバックアップ方法
  10. BitLockerに問題が発生した場合にファイル、フォルダにアクセウするための回復キーのバックアップを行います。回復キーは48桁の数字になります
    なお、暗号化対象ドライブに保存はできません。当たり前ですね

    Screen0831141151

    Screen0831141153

  11. ドライブを暗号化する範囲の選択
  12. 必要に応じて選択して下さい。デフォルトは「使用済みの領域のみ暗号化する」です
    Screen0831141158

  13. ドライブ暗号化
  14. ドライブの暗号化へのメッセージが表示されます
    Screen0831141159

  15. 再起動
  16. PCを再起動します
    Screen0831141200

  17. ドライブ暗号化
  18. システムドライブをBitLockerで暗号化されました。Cドライブに鍵アイコンが追加されました

    Screen0831141203

    Screen0831141207

Leave a Reply

  

  

  


*