Cisco WLCへのAironetの登録と解除

Facebooktwittergoogle_plusmail

Cisco Aironetに固定IPを設定してCisco WLCに登録・解除のメモ
AironetのデフォルトのIDとパスワードはCisco/Cisco.

コマンドはその都度保存されるのでsaveは必要ない。


確認

ホスト名はデフォルトのユーザIDとパスワードでは設定できない。

ユーザIDとパスワードの変更

固定IP設定後にネットワークに接続してWLCと通信できれば登録が行われWLCの設定情報がダウンロードされる。

WLCからAironetの登録解除
Lightweight AP(LAP)での LWAPP 設定のリセット
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/106/1066/1066577_reset-lwappconfig-lap-j.html

LAP での LWAPP 設定のリセット

ネットワーク内の異なる場所に AP を移動すると LAP が以前の WLC に加入できない場合、あるいは、AP を手動で再設定して別の WLC に加入する必要がある場合、AP が別のコントローラに関連付けられるようにするには新規のコントローラ情報を入力する必要があります。

LAP が WLC に正常に登録されると、(前のセクションで説明した)スタティック LWAPP 設定コマンドはロックアウトされ、アクセスできなくなります。コマンドを再度イネーブルにするには、LAP が以前のコントローラに加入している間にユーザ名とパスワードを設定しておく必要があります。

この後にコントローラIPの変更等を行う。

WLCとAironetが正常に通信できる場合の解除作業は確認できましたが、それぞれが故障交換などの場合にはもう少し手順が増えそうです。

Leave a Reply