クローニングツール Clonezillaでリカバリ

Facebooktwittergoogle_plusmail

前回、クローニングツール Clonezillaでイメージファイルの作成を行いました。

クローニングツール Clonezillaを使ってみる
https://www.rootlinks.net/2015/08/27/クローニングツール-clonezillaを使ってみる/

今回はこのイメージファイルを使用して仮想マシンの新規VHDに戻してみます。

  1. Clonezilla Liveで起動
  2. Clonezilla23

  3. 各種選択
  4. 前回同様に[言語:日本語]-[キーマップをいじらない]-[Clonezillaを開始]-[device-image]-[local_dev]と進みます。
    Clonezilla24

  5. イメージファイル保存のデバイス選択
  6. ここでは前回同様に内蔵HDDがsda,外付けUSBがsdbになります。
    イメージファイルはsdbに保存されています。
    Clonezilla25

  7. イメージファイル保存ディレクトリ
  8. イメージファイル保存ディレクトリを指定します。
    前回は”/”に作成しましたので”/”を指定します。
    Clonezilla26

  9. 初心者モード
  10. Clonezilla27

  11. restoredisk
  12. 今回は新規HDDにイメージファイルを戻すので[restoredisk]を選択します。
    Clonezilla28

  13. リストアするイメージファイル
  14. リストアするイメージファイルを選択します。
    Clonezilla29

  15. リストアするコピー先ディスク
  16. リストアするコピー先ディスクを選択します。
    Clonezilla30

  17. リストア開始
  18. Clonezilla31

    Clonezilla32

  19. 終了
  20. 電源OFFでClonezilla Liveメディアを外してPCを起動して下さい。
    Clonezilla33

UEFIでインストールしたWindows 10のリストアが成功して起動してきました。
で、早々にASUS VivoBook X202EのWindows 10をイメージにバックアップしました。

Leave a Reply