バグチェック後、再起動されました – windbg.exe

Facebooktwittergoogle_plusmail

Windows Serverで下記のイベントログが記録されていました。


Debugging Tools for Windows(windbg.exe)を使用してC:\Windows\MEMORY.DMPを解析してみます。

WDKとWinDbg のダウンロード
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/hh852365

WinDbgを起動してMEMORY.DMPを読み込みます。
Image20151118142456

!analyze -vをクリックすると詳細が確認できます。

どうも原因はiqvw64e.sysのようなのでサーバを調べたら存在したのはC:\Windows\System32\Drivers\iqvw64e.sysだけでした。
Image20151117122804

さらに0x00000050から下記のサイトを見てみると
Bug Check Code (WinDbg : 10.0.10075.9)
http://www.geocities.jp/timstjp/WinDbg-BugCheckCode.htm

Bug Check 0x50: PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
http://www.geocities.jp/timstjp/WinDbg-BugCheckCode.htm#50

・不具合のあるハードウェアが原因
・不具合のあるシステムサービスが原因
・壊れたNTFSシステム上でのアンチウルスソフトウェアが原因

上記が原因と思われる中でiqvw64e.sysが不具合を起こして強制再起動が行われたようです。
いずれにしてもこの手の障害は一つ一つ調べないとダメなので厄介ですね。

Leave a Reply