sshの公開鍵認証でパスワード入力を省略する

Facebooktwittergoogle_plusmail

ssh + rsyncをcron jobで実行するためにパスワード入力を省略する方法です。

参考サイト
おおらかにいこう ssh + rsync でパスワードなし認証
http://fuminori14.hatenablog.com/entry/20121002/1349184746


テスト環境はhost01はCentOS 6.7, host02はCentOS 7.2になります。

  • host01のユーザmatsuokaがhost02のユーザmatsuokaに対して公開鍵認証
    1. host01のmatsuokaでログイン
    2. 公開鍵作成
    3. 公開鍵へのアクセスでパスワードは設定しません。id_rsaが秘密鍵、id_rsa.pubが公開鍵になります。

    4. host02へ公開鍵をコピー
    5. host02にmatsuokaでログイン
    6. matsuokaの公開鍵設定
    7. authorized_keysのアクセス権設定
    8. 必ずアクセス権を600に設定して下さい。

    9. host01からhost02へログイン
    10. host01のmatsuokaからhost02のmatsuokaに対してパスワード入力無しでログインできました。

  • host01のユーザrootがhost02のユーザmatsuokaに対して公開鍵認証
    1. host01にrootでログイン
    2. 公開鍵作成
    3. host02へ公開鍵をコピー
    4. id_rsa.pub.rootという名前でアップロードしています。

    5. host02にmatsuokaでログイン
    6. rootの公開鍵設定
    7. matsuoka@host01とroot@host01の公開鍵が設定されています。

    8. host01からhost02へログイン
    9. host01のrootからhost02のmatsuokaに対してパスワード入力無しでログインできました。

これでhost01のユーザmatsuokaとrootはhost02のユーザmatsuokaに対してパスワード入力無しでsshログインできるようになりました。

ログイン出来ない場合はhost02の/etc/ssh/sshd_configの

を確認して下さい。

Leave a Reply