オンザフライ暗号化ソフト VeraCryptを使う

Facebooktwittergoogle_plusmail

オンザフライ暗号化(On The Fly Encryption)ソフトのVeraCryptを使ってみました。

VeraCryptは2014年5月に開発停止のTrueCryptのソースコードを元に開発したオンザフライ暗号化ソフトです。

VeraCrypt – Home
https://veracrypt.codeplex.com/


Windows, Mac OSX, Linux, Raspbianに対応しています。
今回はWindows 10 Home(x64/10.0.14393)で使用してみました。

  1. ダウンロード
  2. 上記サイトからLatest Stable Release – 1.19(Mon Oct 17, 2016:VeraCrypt Setup 1.19.exe)をダウンロードします。

  3. インストール
  4. VeraCrypt Setup 1.19.exeを実行してインストールします。



  5. 寄付
  6. インストールが終わると寄付を求める画面が表示されます。これは任意ですがPayPal、Bitcoinsなどで寄付ができます。


  7. マニュアル
  8. 最後に継続してい使用するなら最初に初心者マニュアル、ユーザーガイドを読んだほうがいいよと。



    [はい]で下記のサイト(英語)が表示されます。
    https://veracrypt.codeplex.com/wikipage?title=Beginner%27s%20Tutorial

これでインストールは完了です。それでは試しに暗号化ボリュームを作成してみます。

  1. VeraCrypt起動
  2. デスクトップのVeraCryptアイコンやスタートメニューからVeraCryptを起動します。


  3. 日本語化
  4. デフォルトは英語になっています。メニューの[Settings]-[Language]から日本語を選択します。



  5. ボリュームの作成
  6. [ボリュームの作成(C)]をクリックするとボリューム作成ウィザードが開始されます。
    今回は[暗号化されたコンテナを作成]を試してみます。


  7. ボリュームタイプ
  8. [VeraCrypt標準ボリューム]を作成します。


  9. ボリュームの位置
  10. 暗号化コンテナのファイル名を指定します。


  11. 暗号化オプション
  12. 暗号化方法を選択します。暗号方法のベンチマークとテストが行えます。



  13. ボリュームのサイズ
  14. 作成するボリュームのサイズを指定します。


  15. ボリュームのパスワード
  16. このボリュームをマウントするときのパスワードになります。


  17. 巨大なファイル
  18. 暗号化コンテナに1ファイル4GB超のファイルを作成する予定がある場合は[○はい]になります。


  19. ボリュームのフォーマット
  20. ファイルシステムを選択し、ウィンドウ内で出来る限りマウスをランダムに動かして下さい。
    暗号鍵の強度を大幅に上げられます。



    [フォーマット]でボリュームをフォーマット、作成が完了します。



  21. 暗号ボリュームのマウント
  22. 作成した暗号ボリュームをEドライブにマウントしてみます。
    マウントするドライブ、暗号ボリュームファイルを指定して[マウント]をクリックします。


    パスワードの入力でEドライブにマウントされました。



使用方法は殆どTrueCryptと同じなので、使用したことのある人なら戸惑うことも無いと思います。
また親切に[TrueCrypt Mode]もありますね。

長文になってしまいました。

Leave a Reply