Windows 10 WSLのKali LinuxにGoAccessをインストール

Facebooktwittergoogle_plusmail

Windows 10のWindows Subsystem for Linux(WSL)でKali Linuxをインストールして遊んでいます。

今回はkali-linux Metapackageをインストールしてapache2があるので、GoAccessをインストールしてみました。

Windows 10 WSLのKali LinuxにMetapackage(kali-linux)をインストール

GoAccess
https://goaccess.io/

What is it?
GoAccess is an open source real-time web log analyzer and interactive viewer that runs in a terminal in *nix systems or through your browser.

パッケージがあったので簡単です。

試しにapache2を起動してアクセスしてみます。

AH00076: Failed to enable APR_TCP_DEFER_ACCEPTが表示されていますが、動作には支障は無いようです。
APR_TCP_DEFER_ACCEPT error when starting Apache2 #1953
https://github.com/Microsoft/WSL/issues/1953

気になるなら/etc/apache2/apache2.confに下記2行を追加すれば表示しなくなります。



apache アクセスログを指定してgoaccessを起動します。

ログ形式を指定します。


解析してターミナルに表示してくれます。


ところでペネトレーションテストツールはどうした(笑

Leave a Reply