Windows 10 WSLのKali Linuxにproxychainsをインストール

Facebooktwittergoogle_plusmail

Windows 10のWindows Subsystem for Linux(WSL)上で動作するKali Linuxにproxychainsをインストールしてみました。



  1. proxychainsのインストール
  2. 設定ファイル(/etc/proxychains.conf)
  3. デフォルトでtor proxyの設定が記述されています。

  4. tor proxyの起動
  5. 下記の記事でtor proxyをインストールしたので起動してみます。

    Windows 10 WSLのKali LinuxにTor Browserをインストール

    デフォルトはポート9050で起動します。

    tor proxyのアクセス許可などの設定は/etc/tor/torrcを編集して下さい。

  6. 確認
  7. https://check.torproject.org/に接続してtor経由になっているか確認します。
    Congratulationsと表示されればtor経由になっています。

試しにWindows 10のInternet Explorerにtor proxyを設定してみます。


https://check.torproject.orgに接続するとCongratulationsです。


参考
ProxyChains をちょっと便利に使う
https://blog.kteru.net/proxychains-tips/

Leave a Reply