Windows 10 WSLのKali LinuxにRepositoriesの追加とWPscanのインストール

Facebooktwittergoogle_plusmail

Kali Linuxが”Penetration Testing Distribution”なのにWindows 10上のWSLで動作するKali LinuxにはPenetration Testingのパッケージが殆ど無いので不思議だったんですよね。

Debian系はまったくの初心者なので調べたらありました。
Kali sources.list Repositories
https://docs.kali.org/general-use/kali-linux-sources-list-repositories

The Kali Rolling Repository
kali-rolling is our current active repository since the release of Kali 2016.1. Kali Rolling users are expected to have the following entries in their sources.list:

deb http://http.kali.org/kali kali-rolling main contrib non-free
# For source package access, uncomment the following line
# deb-src http://http.kali.org/kali kali-rolling main contrib non-free

Kali on WSLを確認したらmainだけになっていました。

Repositoriesを追加してupdateします。

wpscanのパッケージが見つかりました。

wpscanのインストール

検証環境でscanしてみます。

・readme.htmlからバージョンが知られる
・4.7.4は21の脆弱性が存在する
以降、脆弱性のレファレンスURLや使用しているプラグインと脆弱性が表示されます。


やっとKaliっぽくなってきた。

Leave a Reply