WindowsのBoot HDD(2TBの壁)

Facebooktwittergoogle_plusmail

とあるメーカー製サーバにWindows Server 2012 Standardをインストールすることになりました。

手元に届いたサーバーのHDDは600GB×8個でハードウェアRAID構成は下記に設定されていました。
20150501


HDD 600GB×7個でRAID5、Virtual Drive 0が1.953TBで残り1.313TBは未使用です。
HDD 600GB×1個はホットスペアの設定されています。
このサーバはUEFIブートが未対応なので2TB以上のHDDからはブート出来ないとして、このような設定なのでしょう。


さて、今回設定したいのはWindows Server 2012 StandardでCドライブが100GB、Dドライブをデータ領域として残りすべてです。

Windowsのスパン・ボリュームの使用も考えましたが、性能面などからRAID構成を変更することにしました。
変更後はVirtual Drive 0:110GB, Virtual Drive 1:3.164TBにしてあります。
20150502


このハードウェアRAID構成で無事にインストールが完了しました(^^)v

ちなみにWindowsのスパン・ボリュームだとこんな感じです。

20150503

20150504

第11回 Windowsのディスク管理をマスターする(前) (5/5)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1011/18/news128_5.html

記憶域スペースでちょっと試行してみましたが、HDDの未使用領域+HDDでは容量が思うようになりませんでした。
まだまだ修行がたりません。

Leave a Reply