Windows 10の保護者の制限機能

Facebooktwittergoogle_plusmail

今日見つけた記事

Windows 10は子どものネット閲覧履歴を親に自動で送信する機能があると判明
http://gigazine.net/news/20150831-windows-10-send-child-net-report/

まさかWindows 10にしたらデフォルトでこんな機能が有効になってるとは誰も思わないでしょうが、あたかもそれらしく書かれていたので気になって調べました。

だってどっかでレポートの送信先メールアドレスの設定等が必要ですよね。
それならローカルアカウントで利用してるとこんな機能使えないと思うんです。

こっちの記事がまだわかりやすいですかね。
Inside Microsoft Family and Windows 10 Parental Controls
https://www.thurrott.com/windows/windows-10/5187/inside-microsoft-family-and-windows-10-parental-controls

  1. Microsoftアカウントでログイン
  2. 管理者権限のあるMicrosoftアカウントでWindows 10にログインします。
    ローカルアカウントではこの機能は利用できませんでした。
    2015090101

  3. 家族メンバーを追加
  4. 家族のメンバーを追加します。今回は子供を追加してみました。
    子供のMicrosoftアカウントに招待メールが送信されます。

    2015090102

    2015090103

    2015090104

    2015090105

    2015090106

  5. 招待メール承諾
  6. オンラインで家族の設定を管理でMicrosoft Edge(既定のブラウザ)が起動して確認できます。
    家族になるのはイヤだって承諾しなければどうなるんでしょうか?(^^

    2015090107

    2015090108

    2015090109

  7. レポート送信設定
  8. さて子供ができたので(^^)この子の利用レポート送信設定はどこかにあるはず。
    されど探せど探せどどこにもありません。

    2015090111

    2015090110

  9. Internet Explorerを起動
  10. オンラインで家族の設定を管理をクリックするとMicrosoft Edge(既定のブラウザ)が起動しますが、これをInternet Explorerで起動してみました。
    Edgeの場合と画面と違う! (笑)
    2015090112

  11. レポート送信設定
  12. 子供のアカウントをクリックするとやっと見つけました。レポート送信設定。
    2015090113

おそらくWindows 8で保護者の制限を利用していたけどレポート送信機能は無かった。
今回Windows 10にアップグレードすることでこの機能にレポート送信機能が追加されて、それがデフォルトで有効なので利用履歴メールが保護者のメールアドレスに届いた。ってとこでしょうか。

確かにちょっビックリしたでしょうね。
ただどこかのサイトにMicrosoftアカウントでの利用はなるべく避けてローカルアカウントでの利用を薦めているのもありました。

あーーースッキリした。

Leave a Reply