Windows Defenderのアンチアドウェア機能を有効にする

Facebooktwittergoogle_plusmail

Winaeroさんの記事から

Enable Anti-Adware feature in Windows Defender
http://winaero.com/blog/enable-anti-adware-feature-in-windows-defender/

Windows Defenderのアンチアドウェア機能を有効にする方法なのですがレジストリを追加するだけのようです。

Windows 10 x64の場合は32-bit DWORDMpEnablePusを作成して値を1にして再起動するとのこと。
Image20151212185156

無効にする場合はMpEnablePusの値を0、あるいはMpEnablePusを削除するだけ。

MicrosoftはWindows 10 Enterprise editionでの機能とのことですが、この設定を行なえばWindows 10全てのエディションで利用できるようです。

Shields up on potentially unwanted applications in your enterprise
https://blogs.technet.microsoft.com/mmpc/2015/11/25/shields-up-on-potentially-unwanted-applications-in-your-enterprise/

本当に検出するかテストしたくて怪しそうなフリーソフトの幾つかインストールしてみましたが検出されませんでした。

Leave a Reply