CentOS 6.7にOracle Database 11gR2 Clientをインストール

Facebooktwittergoogle_plusmail

事前準備ができたのでClientをインストールします。

CentOS 6.7にOracle Database 11gR2 Clientをインストール- 前準備

解凍したインストールプログラム client/runInstallerをそのまま実行すると同じように文字化けしたのでopenJDKを使うように指定しました。
Image20160501122635

  1. oracleでログイン
  2. インストール・ユーザとして事前に構成したoracleでログインします。

  3. インストーラーの実行
  4. JAVA OpenJDKの場所を指定してインストーラーを起動します。

  5. 取り敢えず全部入りの管理者タイプでインストールしてみます。
    Image20160501122852

  6. 製品言語の選択
  7. Image20160501122906

  8. インストール場所の指定
  9. Oracleベースとソフトウェアの場所を指定します。
    Image20160501122912

  10. インベントリの作成
  11. インベントリ・ディレクトリを指定します。
    Image20160501122933

  12. 前提条件チェックの実行
  13. i386モジュールの警告が出ますがすべて無視で次に進みます。
    Image20160501124343

  14. サマリー
  15. 指定項目の一覧が表示されます。終了でインストールが開始されます。
    Image20160501124349

  16. 製品のインストール
  17. Image20160501124425

  18. 構成スクリプトの実行
  19. 製品のインストール途中に構成スクリプトの実行を行います。
    Image20160501124535


    rootのターミナルを開いて指定したスクリプトを実行します。
    Image20160501124613

  20. 終了
  21. 2つのスクリプトを実行後に[OK]でOracle Clientのインストールが完了します。
    Image20160501125040

Leave a Reply

  

  

  


*