WSUS Setup Wizard on Windows Server 2016

Facebooktwittergoogle_plusmail

Windows Server 2016にWSUS(Windows Server Update Service)をインストールすると、初回起動時にセットアップウィザードが開始されます。

Install WSUS on Windows Server 2016

  1. はじめに
  2. ウィザードの開始前に注意事項が表示されます。


  3. Microsoft Update品質向上プログラム
  4. Microsoft Update品質向上プログラムに参加するか選択します。


  5. アップストリームサーバーの選択
  6. 更新プログラムのダウンロード先を指定します。
    組織内にWSUSサーバがすでに存在するならそちらを指定する方がいいと思います。


  7. プロキシサーバーの指定
  8. アップストリームサーバーへの接続にプロキシサーバーを経由する必要がある場合は指定します。


  9. アップストリームサーバーに接続
  10. アップストリームサーバーに接続して必要な情報をダウンロードします。



  11. 言語の選択
  12. 更新プログラムの言語を指定します。


  13. 製品の選択
  14. 更新プログラムが必要な製品を指定します。


  15. 分類の選択
  16. ダウンロードする更新プログラムの分類を指定します。


  17. 同期スケジュールの設定
  18. アップストリームサーバとの同期スケジュールを指定します。


  19. 終了
  20. サーバーの初期設定の終了です。
    アップストリームサーバーと初期同期を開始するなら「□初期同期を開始します(S)」をチェックして[次へ]
    終了するなら[完了]です。


完了するとUpdate Serviceの管理画面が表示されます。


次回はレポート機能を利用するためのプログラムをインストールします。

Leave a Reply