Kali Linux Live USBにpersistence領域を作成する

Facebooktwittergoogle_plusmail

通常、Live USBでのブートでは変更内容が保持されませんが、persistence領域を作成することで、ここに変更内容が保持されます。

Kali Linux Bootable USB Driveの作成

Kali Linux Live USB Persistence
https://docs.kali.org/downloading/kali-linux-live-usb-persistence

  1. Live USBで起動
  2. 起動するとrootで自動ログインされます。

  3. ターミナル起動
  4. ターミナルを起動してfdiskコマンドで認識されているHDDを確認します。
    /dev/sdbがLive USB(64GB)になります。

  5. fdiskでパーティション作成
  6. ファイルシステム作成
  7. persistence領域の設定

これで次回起動に「Live USB persistence」を選択するれば、/dev/sdb3がpersistence領域としてマウントされて、変更内容がここにoverwriteされます。
試しにapt update,apt upgradeを実行してみましたが大丈夫でした。

Leave a Reply