RDP Wrapperのtermsrv.dll Ver.10.0.17763.437での対応 2

Facebooktwittergoogle_plusmail

昨日のWindows Updateでtermsrv.dll Ver.10.0.17763.437に更新されRDP Wrapperが動作しなくなりました。



毎度、お世話になるrdpwrap issuesを見るとすでに対応されている情報がありました。
RDPWrap doesn’t support 10.0.17763.437 #720
https://github.com/stascorp/rdpwrap/issues/720

上記サイトから下記の情報を追加することで437対応にすることができました。
ただし、この情報は64bit版だけ32bit版Windows 10 Homeではダメなようです。

2019年4月13日更新
コメントでいまたつ様より情報を頂きました。赤字部分が修正箇所です。

;———————-snip part1
[10.0.17763.437]
LocalOnlyPatch.x64=1
LocalOnlyOffset.x64=77A41
LocalOnlyCode.x64=jmpshort
SingleUserPatch.x64=1
SingleUserOffset.x64=1322C
SingleUserCode.x64=Zero
DefPolicyPatch.x64=1
DefPolicyOffset.x64=18025
DefPolicyCode.x64=CDefPolicy_Query_eax_rcx
SLInitHook.x64=1
SLInitOffset.x64=1ACDC
SLInitFunc.x64=New_CSLQuery_Initialize
;.————————————

;.————————–snip part2
[10.0.17763.437-SLInit]
bInitialized.x86 =CD798
bServerSku.x86 =CD79C
lMaxUserSessions.x86 =CD7A0
bAppServerAllowed.x86 =CD7A8
bRemoteConnAllowed.x86=CD7AC
bMultimonAllowed.x86 =CD7B0
ulMaxDebugSessions.x86=CD7B4
bFUSEnabled.x86 =CD7B8

bInitialized.x64 =ECAB0
bServerSku.x64 =ECAB4
lMaxUserSessions.x64 =ECAB8
bAppServerAllowed.x64 =ECAC0
bRemoteConnAllowed.x64=ECAC4
bMultimonAllowed.x64 =ECAC8
ulMaxDebugSessions.x64=ECACC
bFUSEnabled.x64 =ECAD0
;.—————————



437対応のrdpwrap.iniです。

手順の詳細は下記を参考にして下さい、

RDP Wrapperのtermsrv.dll Ver.10.0.17763.292での対応

2 thoughts on “RDP Wrapperのtermsrv.dll Ver.10.0.17763.437での対応

  1. Reply いまたつ 4月 12,2019 22:52

    記事の作成ありがとうございます。
    参考にさせていただきましたが、このままでは”Single session per user”が使えないようです。
    以下のように変更することで対応可能のようです。
    SingleUserOffset.x64=1322C

    参照コメント
    https://github.com/stascorp/rdpwrap/issues/720#issuecomment-482462622

    今後も役立つ情報発信楽しみにしています。

  2. Reply matsuoka 4月 13,2019 09:48

    いまたつ様

    情報有難う御座います。
    確かに”Single session per user”が正常に動作しないですね。
    修正しました。

Leave a Reply