メールサーバ(Postfix)のループ

Facebooktwittergoogle_plusmail

内部メールサーバと外部メールサーバで構築した環境でメールのループが起こってしまった
このメールサーバはPostfix 2.3.3で構築されていて/etc/postfix/transportで転送制御を行っている

行儀の悪いメールクライアントから Mail from:<root@IP Address>なメールを内部メールサーバに送信してきた

ここでPostfixのデフォルト設定では

postfix/smtp : warning: Illegal address syntax in MAIL command:

となって受け付けない。「そっちで直してよ」の心境だったけどそうも行かないので、これを受け付けるように設定をする


main.cfに

resolve_numeric_domain = yes

を追記してNumeric Domainの配送を許可します
外部メールサーバも同様な設定を行うことで行儀の悪いメールクライアントからのメール配送が外部受信者アドレスに送信されました

ところが、行儀の悪いメールクライアントが指定したRcpt to:にはUser unknownなメールも含まれていてエラーメールになって(rcpt to:<root@[IP Address]>)内部メールサーバに返ってくることがある

このrcpt to:<root@[IP Address]>なメールが内部メールサーバでは外部宛てのメールと判断して外部メールサーバに送信され、また内部に返ってきてのループ状態でリソースの消費とログの肥大化が起こってしまった

で、最終的に内部メールサーバの/etc/postfix/transportに

[IP Address] :
hogohoge.jp :
.hogehoge.jp :
* smtp:[外部メールサーバIP]

を記述後に

postmap /etc/postfix/transport
/etc/init.d/postfix reload

で解決しました

ちなみに

IP Address :
hogohoge.jp :
.hogehoge.jp :
* smtp:[外部メールサーバIP]

ではダメでした。考えてみれば分かることなんですがね

しかし、この行儀の悪いメールクライアントを何とかして欲しかったなぁ

Leave a Reply