Install ServerView RAID on FUJITSU PRIMERGY Server

Facebooktwittergoogle_plusmail

富士通のPRIMERGYサーバにCentOS 6.3 x86_64を試しにインストールしてRAID管理ソフトのServerView RAIDをインストールしてみました。

PCサーバ PRIMERGY(プライマジー)
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/

ダウンロード
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/downloads/

ダウンロード検索
http://www.fmworld.net/cgi-bin/drviasearch/drviaindex.cgi


ダウンロード検索から製品名、型名を指定して必要なソフトをダウンロードします
もちろんCentOSは正式対応していないのでRed Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64)で検索します。最新はServerView RAID Manager V5.6.4(3版) でした。

これのダウンロードファイルはF1015908.exe ( 96602920 bytes ) ですが、こいつはWindows Server版も含まれています。従ってWindowsパソコンにダウンロードしてから実行してファイルを抽出します。
その後取り出したServerView_RAID-5.6-4.i386.rpmをLinuxサーバにコピーします。

  1. インストール
  2. rpmパッケージで提供されているので、そのままインストールしてみます

    依存関係欠如でインストールできませんでした。実は見ての通りServerView RAID Managerは32bit版しか提供されていません。
    当然のことながらOSはx86_64をインストールしてあるので32bitライブラリ類が無いので依存関係ではねられてしまうんですね

  3. 32bitライブラリのインストール
  4. 必要な32bitライブラリをyumでインストールします。
    まずlibstdc++.so.5が無いのでこのモジュールを提供しているパッケージを調べます

    compat-libstdc++-33-3.2.3-69.el6.i686で提供されていることが分かりましたので、このパッケージをインストールします

    同様に他の欠如しているライブラリをインストールします

  5. ServerView_RAID-5.6-4.i386.rpmのインストール
  6. 改めてServerView_RAID-5.6-4.i386.rpmをインストールしてみます

    無事にインストールできました

  7. 起動スクリプトの確認
  8. インストール時に自動実行の設定がされていました

ServerView RAID Managerへのアクセスは https://Linux Server IP:3173/ です
ServerViewRAID1

ログイン画面が表示されたらrootでログインすればRAID状態の確認や警告メール送信の設定ができます

Leave a Reply

  

  

  


*