Upgrading to VMware ESXi 5.5 from 5.1

Facebooktwittergoogle_plusmail

遅ればせながら事務所のVMware ESXi 5.1 Update 1を5.5にアップグレードしました

実際の作業は年末年始の休暇中に行いましたが

VMware vSphere® 5.5 リリース ノート
http://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/vsphere-esxi-vcenter-server-pubs/vsphere-esx-vcenter-server-55-release-notes.html

Methods for upgrading to ESXi 5.5 (2058352)
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&docTypeID=DT_KB_1_1&externalId=2058352

アップグレードの方法として上記サイトに幾つかありますが、今回は一番簡単そうなesxcliコマンドで行うことにしました

ちなみにesxcli (Command-line interface)は5.1からのアップグレードのみ対応です
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&docTypeID=DT_KB_1_1&externalId=2058352#esxcli

  1. VMのシャットダウン
  2. VMware vSphere ClientからログインしてVmware ESXi 5.1ホスト上で稼働しているVMをすべてシャットダウンします

  3. メンテナンスモード
  4. ESXi 5.1ホストをメンテナンスモードに移行します

  5. shell logon
  6. Vmware ESXi 5.1ホストにsshか、あるいはConsole shellにログインします
    現在のバージョンはvmwareコマンドで確認できます

  7. 提供プロファイルの確認
  8. VMware社のアップデートサーバで提供されているプロファイルを確認します。この時の最新はパッチの当たったESXi-5.5.0-20131204001-standardでした

  9. アップデート
  10. アップデートを行います

    ところがエラーになってしまいました
    実は電源管理のためにupsmonをインストールしていたのですが、これが拡張性ルールチェックに違反してるとかなんとか…

    Client NUT pour ESXi 5
    http://rene.margar.fr/2012/05/client-nut-pour-esxi-5-0/

    upsmonのacceptance levelはcommunityレベルですがacceptance levelがpartnerでないとアップデートモジュールを受け入れられないようです

    現在のacceptance levelは

    なのですがVIBにCommunitySupportedがあるとそもそもアップデートはできないようです

  11. upsmonをアンインストール
  12. 取り敢えずupsmonをアンインストールすることにしました
    upsmon-remove.shを実行します

  13. アップデート
  14. 再度アップデートを実行してみます。今回は成功しました

  15. reboot
  16. ESXi hostを再起動します。再起動後にメンテナンスモードを終了して各VMを起動、動作確認を行います

バージョンを確認すると無事にアップグレードできていました

アップグレード後のVIBリスト

当然のことながら5.5にアップグレードしたらVMware vSphere Clientも5.5対応版をインストールしなければなりません
さらにはVMware Toolsもアップデートして下さい

今回もいろいろ勉強になりました

Leave a Reply

  

  

  


*