RT-400KIの設定

Facebooktwittergoogle_plusmail

ISDNからひかり電話に移行した時にNTT東日本からレンタルしたひかり電話ルーターがRT-400KIでした

ひかり電話 機器のご紹介
https://flets.com/hikaridenwa/subscription/router.html

ひかり電話ルータ(RT-400KI)
https://web116.jp/ced/support/version/broadband/rt_400ki/index.html

最新のファームウェアバージョンはver.05.00.0060です
デフォルトは自動アップデートが有効になっているので当方も最新に更新されていました


RT-400KIでやることは下記のようなものになります

  1. インターネットに接続
  2. 契約しているプロバイダアカウントでインターネットに接続する

    RT-400KIでも何の問題もなく接続できました

  3. サーバ公開
  4. DNS,WWW,Mailなどの自前サーバの公開をする

    [静的IPマスカレード設定]でRT107e同様にサーバ公開ができました

  5. フィルタリング
  6. 外部からの不要なパケットのフィルタリング

    [IPv4パケットフィルタ設定]で取り敢えずfilterはできていますが、どこまで耐えられるかは未知数です(^^;

  7. ひかり電話が使える
  8. 電話機2台、3番号で通話、FAXが使用できる

    これはもともと使えていたので何の問題もありません

  9. フレッツ情報サイトに接続
  10. マルチセッション(IPv4)でフレッツ情報サイト(http://www.flets/)にも接続する

    ちょっと悩みましたが宛先IPアドレス設定でマルチセッション接続できました
    Image20140314224041

    フレッツ情報サイトルーティングアドレス情報
    https://flets.com/square/routing.html

  11. VPN接続ができる
  12. 外出先からVPN接続ができる

    これができません
    ver.05.00.0050でVPNサーバ機能を追加しました。と更新履歴にあったのですが設定メニューに表示されないのです

    しおそると – よろず情報の塩漬けサイト
    http://siosalt.sub.jp/blog/?p=746

    なんとBフレッツでの契約では利用できない(メニューに出てこない).フレッツ光ネクストでないとメニューに出てこない
    (´・ω・)

    それならと取り敢えず自前サーバでPPTPと思ったらgreプロトコルが静的マスカレード設定できな.TCPとUDPだけ
    (´・ω・
    )

    仕方ないのでssh port forwardingでしのぎます

これ以外にもログが100行のみでsyslogも無い, ssh,telnetが無い。snmpも無いなどなど…で一番気になるのはやはり安定性がどこまであるかですね
そもそも比較するのが大きな間違いなのは重々承知してます

ここは綺麗に割りきって暫くこれで様子をみます。だってスピードが今までと比べてありえないぐらいに速くなったからね
Image20140314230224

Leave a Reply

  

  

  


*