ServerProtectで一般サーバへPatchやHotFixを配信する手順

Facebooktwittergoogle_plusmail

トレンドマイクロのファイルサーバウィルス対策ソフトのServerProtect for Windowsですが、サーバ台数が多くなるとインフォメーションサーバを1台にしてその配下に一般サーバを登録する形態が一般的だと思います
管理の面でも楽ですし

ところがインフォメーションサーバにはパッチが適用出来るのに、一般サーバには適用できません
Image20141124101015


インフォメーションサーバの管理下にあるから適用出来ないのは分かるのですが、かと言ってインフォメーションサーバからの「配信」を何度やっても更新されません
sp01


インフォメーションサーバだけ5.80.0.1341になっているけど、それ以外の一般サーバは5.80.0.1179のまま。「配信」後にサーバ再起動とやっても更新されません

調べるとトレンドマイクロのサイトにそのままの解説がありました
ServerProtect:一般サーバへPatchやHotFixを再配信する手順について
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-jp/1312857.aspx?cm_re=Sup-_-sp-_-setting_setting_3

以下転載

この手順で無事にパッチの配信ができました

sp02

sp03

Leave a Reply

  

  

  


*