Red Hatが開発者向け無料サブスクリプションを提供

Facebooktwittergoogle_plusmail

こんな記事を見つけました。

Red Hat Enterprise Linuxが開発者向けに無料サブスクリプションを用意
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160401_751304.html

マジでした。エイプリルフールでは無かった:)
No-Cost RHEL Developer Subscription now available
http://developers.redhat.com/blog/2016/03/31/no-cost-rhel-developer-subscription-now-available/
Image20160401211542

公式アナウンス
Red Hat Expands Red Hat Developer Program with No-Cost Red Hat Enterprise Linux Developer Subscription
http://www.redhat.com/en/about/press-releases/red-hat-expands-red-hat-developer-program-no-cost-red-hat-enterprise-linux-developer-subscription

With Red Hat Enterprise Linux and Red Hat JBoss Middleware available through the program at no cost, developers can more easily use our technology to start projects and explore solutions while having confidence that their chosen development platforms and tools can be supported in production, without porting or incompatibility issues.

登録は簡単でRed Hatデベロッパーサイトに登録するだけです。
http://developers.redhat.com/
Image20160402110537

ここから[DOWNLOAD]へ移動してRed Hat Enterprise LinuxのDownload Latestをクリックするとログイン画面が表示されます。

Image20160402110802

Image20160402110813

ここでRHNアカウントでログインすると利用規約への承認を求められます。
承認すると開発者向けサブスクリプションが自動的にRHNアカウントに割り当てられます。
Image20160401210810

有効期限は1年間で電話,WebサポートはありませんがRHNは利用できるのでyumが利用できると思います。

いままでCentOSで検証環境を構築してテストしてから運用サーバへの適用等を行っていたのですが、これからはRHELそのもので検証環境が構築できるので助かります。

Leave a Reply