autofsでcifsマウント

Facebooktwittergoogle_plusmail

Red Hat Enterprise Linux Server release 6.5 (Santiago)のバックアップをWindows Storage Server 2012の共有フォルダに取ることになったのでautofsで自動マウントできるようにしてみました

/etc/auto.masterファイルが無いのでautofsがインストールされていませんでした


サブスクリプション登録されていないのでyum一発でって訳にはいかなくてインストール用DVDからrpmパッケージをインストールしました

  1. autofsインストール
  2. 依存関係でエラーになりました

  3. hesiodインストール
  4. 依存関係でエラーになったプログラムをインストールし、再度autofsをインストールます

  5. /etc/auto.masterの編集
  6. /etc/auto.cifsの作成
  7. autofsの自動起動
  8. autofs起動
  9. マウント確認
  10. 応答がありません

  11. autofsのdebug情報出力設定
  12. messages確認
  13. cifs-utilsのインストール
  14. 調べるとcifs-utilsが必要そうなのでパッケージからインストール


    無事にWindows共有フォルダがマウントされてファイルの作成、削除ができました

Leave a Reply

  

  

  


*