vsftpd – 500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot()

Facebooktwittergoogle_plusmail

Red Hat Enterprise Linux 7にvsftpdを設定して端末からログインするとエラーで接続できませんでした。

こんなの今まで無かったのに。

C:\>ftp 192.168.1.1
192.168.1.1 に接続しました。
220 Welcome to FTP service.
ユーザー (192.168.1.1:(none)): matsuoka
331 Please specify the password.
パスワード:
500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot()
接続がリモート ホストによって閉じられました。

インストールしたのは下記のバージョンです。

Fixing 500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot ()
https://www.benscobie.com/fixing-500-oops-vsftpd-refusing-to-run-with-writable-root-inside-chroot/

chroot()後の書込み権限のチェックを厳しくしたってことかな?
chroot()後のルートディレクトリの書込権限を無くすのが推奨されているようです。

chmod a-w /home/user

今まで通りの動作をさせるなら下記の1行を追加すればエラーは無くなりました。

allow_writeable_chroot=YES

しかしman vstfpd.confで確認してもallow_writeable_chrootの説明が無かったよ。

Leave a Reply