Update from php 5.4 to 5.6 on CentOS 7.2

Facebooktwittergoogle_plusmail

このサイトはCentOS 7.2でWordpress, mariaDB, phpを使用して構築しています。

WordPressは4.5ですが今の推奨環境は下記になっています。

・PHP バージョン 5.6 以上
・MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

放置していたphp 5.4から5.6へのアップデートですが、ざっと調べたところWordpress環境では大きな問題は発生していないようなので一気に5.6までアップデートしました。

PHP 5.4から5.6のアップデートでWordPressへの影響は見られず
http://daily.fumopan.com/2016/01/30/2679

実はphp 5.4のupdateの度に下記のメッセージが表示されて気にはなっていました。
Image20160602181624

WARNING : PHP 5.4 have reached its “End of Life”.
Even, if this package includes some security fix, backported from 5.5,
The upgrade to a maintained version is very strongly recommended.

WARNING : These php-* RPMs are not official Fedora / Red Hat build and
overrides the official ones. Don’t file bugs on Fedora Project nor Red Hat.

Use dedicated forum at http://forum.remirepo.net/

remi repoは導入済みなので下記のコマンドを実行するだけです。

アップデート中になんか警告がでてます(^^;

バージョンを確認しても表示されてしまいます。

apc: Unable to initialize moduleとあるので下記で導入したPHPアクセラレータのapcが原因なので取り敢えず無効化しました。5.6は未対応なのかな?

PHPアクセラレータのAPCをインストール

サイトをざっと見たところエラーも無いようなので大丈夫かな?

Leave a Reply