Install PHP 5.6 on RHEL 6.8 – remi.repo

Facebooktwittergoogle_plusmail

RHEL 6.xはデフォルトのrepoではPHP 5.3までになります。

サブスクリプション(保守契約)を購入していない、あるいは契約によって追加のRedHat repoが利用できない場合はphp 5.4以降にアップグレードすることができません。

しかしphp 5.3は既にEnd of lifeになっています。
PHP Supported Versions
http://php.net/supported-versions.php

保守契約をしていればセキュリティ関連だけでも修正版を提供してくれると思いますが、どうなるか分かりません。

そこでこの際だからremi repoで提供されているphp 5.6に入れ替えてみました。
【検証環境】
・Red Hat Enterprise Linux Server release 6.8 (Santiago)
・Kernel: 2.6.32-642.el6.x86_64
・PHP 5.3.3 (cli) (built: Dec 15 2015 04:52:58)
 Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
 Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

 php-xml-5.3.3-47.el6.x86_64
 php-common-5.3.3-47.el6.x86_64
 php-pear-1.9.4-5.el6.noarch
 php-cli-5.3.3-47.el6.x86_64
 php-gd-5.3.3-47.el6.x86_64
 php-pdo-5.3.3-47.el6.x86_64
 php-5.3.3-47.el6.x86_64

  1. Install epel,remi repo
  2. remi repoを利用するためにはepel repoが必要です。
    今後継続して利用するので[remi],[remi-php56]がenabled=0になっているのでenabled=1に変更しました。

  3. Uninstall php 5.3
  4. Install PHP 5.6
  5. php-gdのインストールでエラーになりました。

    調べたらt1lib-*が必要なので先にインストールします。これはInstall DVDにあるものをインストールしました。

    あとは必要に応じてインストールして下さい。

  6. 確認
  7. /etc/php.iniのdate.timezone = Asia/Tokyoを追加して動作確認を行って下さい。

問題は無いと思いますが自己責任で。

Leave a Reply

  

  

  


*