Install sshd on Windows Server 2012 R2(Win32-OpenSSH)

Facebooktwittergoogle_plusmail

MicrosoftがサポートしているOpenSSHをWindowsに移植するコミュニティのWin32-OpenSSHをインストールしてみました。


OpenSSH for Windowsリリース段階に到達 – Microsoft
http://news.mynavi.jp/news/2017/05/05/061/

OpenSSH for Windows Update
https://blogs.msdn.microsoft.com/powershell/2015/10/19/openssh-for-windows-update/

GitHub – PowerShell/Win32-OpenSSH: Win32 port of OpenSSH
https://github.com/PowerShell/Win32-OpenSSH

インストール環境
・Windows Server 2012 R2 評価版(Version 6.3.9600)

インストールについてはこちらの手順通りに行いました。
Install Win32 OpenSSH
https://github.com/PowerShell/Win32-OpenSSH/wiki/Install-Win32-OpenSSH

  1. ダウンロード
  2. プログラムをダウンロードします。
    最新バージョンv0.0.21.0のOpenSSH-Win64.zipをダウンロードしました。
    https://github.com/PowerShell/Win32-OpenSSH/releases

  3. 解凍と設置
  4. ダウンロードしたOpenSSH-Win64.zipを解凍して”C:\Program Files\OpenSSH”として設置します。


  5. Powershellを管理者権限で実行
  6. Powershellを管理者権限で実行します。


  7. OpenSSH directoryに移動
  8. インストール
  9. Windows 10で開発者モードを有効にしてWindows Subsystem for Linuxがインストール済みや、他のプログラムがポート22を使用していると競合が発生するので個別に対応が必要です。

  10. SSH host keysの作成
  11. ファイルのアクセス権変更
  12. Firewallの許可
  13. Firewallでポート22を許可します。

  14. sshdサービスの自動起動設定
  15. sshdサービスの起動
  16. PATHの設定
  17. sshなどのコマンドを利用するならPATHの設定をする方がいいですね。

さて一通り設定できたのでTeraTermでadministratorでログインしてみます。


sshクライアントも利用できます。

デフォルトのsshd設定(C:\Program Files\OpenSSH\sshd_config)ファイルです。

Leave a Reply