Install sshd on Windows Server 2012 R2(Win32-OpenSSH’s Chocolatey package)

Facebooktwittergoogle_plusmail

前回、Win32-OpenSSHをWindows Server 2012 R2にインストールしました。

Install sshd on Windows Server 2012 R2(Win32-OpenSSH)

今回はWin32-OpenSSHをベースにしたChocolatey packageをインストールしてみます。
これは前回のインストール作業を自動で行ってくれるパッケージで誰でも簡単にインストールできるようになっています。
新しいWin32 OpenSSHがリリースされたら数日でパッケージが提供されるようですのでアップデート作業ではこちらのパッケージが便利かもしれません。

Win32 OpenSSH Automated Install and Upgrade using Chocolatey
https://github.com/PowerShell/Win32-OpenSSH/wiki/Win32-OpenSSH-Automated-Install-and-Upgrade-using-Chocolatey

The package automates the install steps listed in wiki. The package is also engineered to use ‘Choco upgrade win32-openssh’ to update to the latest release. Be sure to look over the installation instructions on Chocolatey as the package takes special switches to install, upgrade and uninstall the sshd service and a special switch to completely clean up server keys on an uninstall.

Win32 OpenSSH (Universal Installer)
https://chocolatey.org/packages/openssh

通常のインストールとChocolatey packageの違い

  • sshdサービスの自動起動設定と開始
  • Firewallの許可(アンインストール時には許可ルールを削除)
  • 独自のインストール/アンインストールプログラム(添付のスクリプトは使用しない)
  • 可能な限り既知の問題を回避する(ログ設定の問題など)
  • インストールステップでの必要な問合せ(例えばキーベースでの認証ではsshdサービス開始前にリブートが必要だと)

インストール環境
・Windows Server 2012 R2 評価版(Version 6.3.9600)

  1. Chocolate Package Managerのインストール
  2. PowerShellを管理者モードで起動して下記のコマンドを実行します。
    https://chocolatey.org/install

    • SSH Client Toosのインストール
    • オンラインで最新バージョンをインストールします。

    • SSH client toolsとsshd serverのインストール
    • キー認証を行なう、ポートを22から変更するなど必要に応じてパラメータを指定して下さい。


sshdサービスも起動していたのでTeraTermで接続したところ無事にadministratorでログインできました。
C:\Program Files\OpenSSH-Win64\sshd_config

Leave a Reply