vSphere Management Assistant (vMA)からVMの電源ON,OFF

Facebooktwittergoogle_plusmail

Management Assistant 5.0(vMA 5.0)からCLIで仮想マシンの電源ON,OFFなどの管理ができそうなので試してみました

ホストはVMware ESXi 5.0 u1でFree Versionです

  1. sshでvMAに管理者vi-adminでログイン
  2. ESXiホストを登録
  3. vMAに管理するESXi hostを登録します

    vi-admin@vma5:~> vifp addserver vmesxi.rootlinks.net

  4. 操作するhostのターゲット指定
  5. vi-admin@vma5:~> vifpinit
    vifpinit is deprecated, use vifptarget instead.

    vifptargetを使いなさいとのことなのでこちらでターゲット変更

    vi-admin@vma5:~> vifptarget -s vmesxi.rootlinks.net
    vi-admin@vma5:~[vmesxi.rootlinks.net]>

    promptが変わって操作対象のホスト名がつきました

  6. 仮想マシンのConfig fileの一覧表示
  7. 仮想マシンのConfig fileの一覧を表示します

    vi-admin@vma5:~[vmesxi.rootlinks.net]> vmware-cmd -l

    /vmfs/volumes/4a894076-e3fa7298-ff8b-001b213f600c/CentOS 5.3 x86/CentOS 5.3 x86.vmx
    /vmfs/volumes/4a894076-e3fa7298-ff8b-001b213f600c/vMA5/vMA5.vmx

  8. 仮想マシンの電源OFF
  9. 仮想マシンの電源をOFFにするコマンドを実行してみます

    vi-admin@vma5:~[vmesxi.rootlinks.net]> vmware-cmd ‘/vmfs/volumes/4a894076-e3fa7298-ff8b-001b213f600c/CentOS 5.3 x86/CentOS 5.3 x86.vmx’ stop hard
    Operation cannot be performed:
    SOAP Fault:
    ———–
    Fault string: fault.RestrictedVersion.summary
    Fault detail: RestrictedVersionFault

    SOAP Faultと表示されて電源が落ちません…

  10. 仮想マシンの電源ON
  11. vi-admin@vma5:~[vmesxi.rootlinks.net]> vmware-cmd ‘/vmfs/volumes/4a894076-e3fa7298-ff8b-001b213f600c/CentOS 5.3 x86/CentOS 5.3 x86.vmx’ start hard
    Operation cannot be performed:
    SOAP Fault:
    ———–
    Fault string: fault.RestrictedVersion.summary
    Fault detail: RestrictedVersionFault

    やはりSOAP Faultと表示されて電源が入りません…

  12. 他のコマンドは…
  13. 仮想マシンの状態を確認する..状態は電源OFF

    vi-admin@vma5:~[vmesxi.rootlinks.net]> vmware-cmd ‘/vmfs/volumes/4a894076-e3fa7298-ff8b-001b213f600c/CentOS 5.3 x86/CentOS 5.3 x86.vmx’ getstate
    getstate() = off

    仮想マシンの稼働時間時間を調べます

    vi-admin@vma5:~[vmesxi.rootlinks.net]> vmware-cmd ‘/vmfs/volumes/4a894076-e3fa7298-ff8b-001b213f600c/CentOS 5.3 x86/CentOS 5.3 x86.vmx’ getuptime
    getuptime() = 89

    情報を取得するコマンドは機能しているようです

オペレーションが間違っているのかなと調べると下記のサイトに情報が

ESXi4ではRCLIの動作に制限あり、VMwareに物申す
http://kaznor.blog56.fc2.com/blog-entry-50.html

 調べてみたところ、ESXiのフリー版は、コマンドラインからだとReadOnlyのみに制限されていて、ESXiに対して何かをキックすることができないらしい。使いたければ有償版のライセンスを買えとな。うげ。

Knowledge Base: VMware ESXi/ESX 4.1 and ESXi 5.0 Comparison
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2005377

vCLI , PowerCLI , and vSphere SDk for Perl are limited to read-only access for the free vSphere Hypervisor edition. To enable full functionality of vCLI on a VMware ESXi host, the host must be licensed with vSphere Essentials, vSphere Essential Plus, vSphere Standard, vSphere Advanced, vSphere Enterprise, or vSphere Enterprise Plus.

フリーのvSphere Hypervisor editionでは制限があるんだって…一番使いそうな仮想マシンで電源ON,OFFができないとは殆ど使うことないかな

試しにVMware Workstation 8にインストールしたESXi 5.0評価版で同様のコマンド実行を行ってみたところ仮想マシンの電源ON,OFFともできました

Leave a Reply