Monitoring the VMware ESXi with Nagios (3)

Facebooktwittergoogle_plusmail

check_vmware_api.plを使ってVMware ESXiのホスト情報の取得ができたので、実際にNagiosに監視対象として組み込んでみます

Monitoring the VMware ESXi with Nagios (1)
http://www.rootlinks.net/2013/08/20/monitoring-the-vmware-esxi-with-nagios-1/

Monitoring the VMware ESXi with Nagios (2)
http://www.rootlinks.net/2013/08/20/monitoring-the-vmware-esxi-with-nagios-2/

  1. リソースファイルにID,passwordを追加
  2. Nagiosのリソースファイルに監視対象のVMware ESXiにアクセスするためのユーザIDtoパスワードを追加します

  3. コマンドファイルに追記
  4. check_vmware_api.plを使ってESXiに対して情報を取得するコマンドを追記します
    これは”/usr/local/nagios/etc/nagios.cfg”で”cfg_file=/usr/local/nagios/etc/objects/commands.cfg”が有効になっているか確認して下さい

    下記の設定を/usr/local/nagios/etc/objects/commands.cfgに追記します

  5. VMware ESXiのhostファイル追加
  6. これは”/usr/local/nagios/etc/nagios.cfg”で”cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/servers”が有効になっているか確認して下さい

    新たに/usr/local/nagios/etc/servers/vmware.cfgを作成して下記の項目を追加して下さい

  7. Nagiosの設定ファイルのチェック
  8. 変更した設定ファイルチェックを行います

    エラーが出た場合はNagiosの起動ができませんので各ファイルの記述を確認して下さい

  9. Nagiosの設定ファイルの再読み込み
  10. 変更した設定ファイルの再読み込みを行います

  11. 管理画面から確認
  12. Nagiosの管理画面にアクセスしてVMware ESXiが登録されて、ホストの状態が取得できていれば大丈夫と思います

Image20130820183637

Leave a Reply

  

  

  


*