Import into ESXi 5.1 by exporting an OVF from VMware Workstation 9

Facebooktwittergoogle_plusmail

先日VMware Workstation 9にNAS4Freeをインストールしましたが、試しにOVFにエクスポートしてVMware ESXi 5.1にインポートしてみました

OVFとは – Open Virtualization Format
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20090410/328215/

OVF(Open Virtualization Format)とは、異なる仮想化ソフト同士で仮想マシンのイメージ・ファイルを相互にやりとりできるようにするための標準フォーマットです

Install NAS4Free on VMware workstation 9
http://www.rootlinks.net/2013/04/26/install-nas4free-on-vmware-workstation-9/


実はこれをやってみたくて小さいOSが欲しかったのです(^^

  • OVFにエクスポート
  • VMware Workstation 9からNAS4Freeの仮想マシンをOVFファイルにエクスポートします。
    エクスポートする時は仮想マシンの電源をOFFにして下さい

    仮想マシンNAS4Freeを選択してから[ファイル(F)]-[OVFへエクスポート(E)]でエクスポートします
    エクスポートが成功すると3ファイルが作成されています。出力ファイル名はNAS4Free64に指定しました

    NAS4Free64-disk1.vmdk
    NAS4Free64.mf
    NAS4Free64.ovf


  • OVFをインポート
  • VMware vSphere Clientを起動して出力したNAS4FreeのOVFファイルをESXi 5.1にインポートします

    [ファイル(F)]-[OVFへエクスポート(D)]からウィザードに従ってインポートします

インポートが成功すると仮想マシンNAS4Freeが登録されるので電源をONにしてみます。
無事に起動してきたのでネットワーク設定を行なってWebGUIからNAS4Freeにログインできました

ここでVMware Toolsのステータスが[実行中(サードパーティ/独立)]となっています。
もともとNAS4FreeのisoにはVMware Toolsが組み込まれているってことは考えられないから、これはVMware Workstation 9がVMware Toolsをインストールしたってことですよね?

Leave a Reply

  

  

  


*