OVF Deploy the appliance of PowerChute Network Shutdown v3.1

Facebooktwittergoogle_plusmail

PowerChute Network Shutdown v3.1の仮想アプライアンスが昨年11月から提供されていましたので、今回はこの仮想アプライアンスをインポートしてPCNSをインストールしてみました

Appliance of PowerChute Network Shutdown v3.1 is provided
http://www.rootlinks.net/2014/03/02/appliance-of-powerchute-network-shutdown-v3-1-is-provided/

  1. VMware vSphere Clientを起動
  2. VMware vSphere Clientを起動してメニューから[ファイル(F)]-[OVFテンプレートのデプロイ(D)]を選択

  3. ソースの指定
  4. ダウンロードして展開した”PCNS_3.1_OVF10.ova”を指定します

  5. OVFテンプレートの詳細
  6. デプロイを行うVMの説明が表示されます。thinで1.9GBの容量です

  7. エンドユーザー使用許諾契約書
  8. エンドユーザー使用許諾契約書が表示されますので[承諾(A)]で[次へ]をクリックします

  9. 名前と場所
  10. 名前を指定します。今回はデフォルトの”PowerChute Network Shutdown 3.1 for VMware”にしました。ちょっと長いですが:-)

  11. ストレージ
  12. 保存場所を指定します

  13. ディスクのフォーマット
  14. 今回はThin Provisionを指定しました

  15. 終了準備の完了
  16. [終了]をクリックするとデプロイが開始されます。正常終了でデプロイは完了です



VMの設定は変更する必要は無いと思いますが場合によっては[仮想ハードウェアのアップグレード]を実施しても大丈夫と思います
Image20140310142906

準備が出来たのでVMの電源ONです。OSはCentOSです

  1. rootパスワード設定
  2. 初回起動途中でrootのパスワードを設定します

  3. IP自動取得
  4. デフォルトでDHCPに設定されていますのでネットワーク内にDHCPサーバが存在する場合はIPを自動取得してコンソールにメッセージが表示されます

  5. 設定
  6. ネットワーク環境の設定等はhttps://PCNS_IP_Address:5480/
    ウィザードの実施はhttps://PCNS_IP_Address:6547/



【DHCPサーバがない場合】
起動時にDHCPサーバがない場合はコンソールに警告が表示されます
rootでログインして下記のスクリプトを実行するとネットワーク設定用メニューが表示されますのでIP設定を行います
/opt/vmware/share/vami/vami_config_net

20140124154545

20140124154908

Leave a Reply

  

  

  


*