運用監視ツール Pandora FMS (1)

Facebooktwittergoogle_plusmail

Nagiosを使用して運用監視を行っていますが、構築までにそれなりの工数を要します。
他にもLinux OSSの運用監視ツールはいくつかありますが、今回Pandora FMSを試用してみました。

Nagios、Zabbix…いろいろな運用監視ツールの評価ポイント
http://thinkit.co.jp/story/2014/06/30/5083
この記事で興味を持ったわけです。

Image20150912122458


Pandora FMS – the flexible monitoring software
http://pandorafms.com/

オープンソースの統合監視ツール Pandora FMS – Pandora コミュニティサイト
http://pandorafms.jp/Pandora_FMS_jp


OSS版の他に商用のEnterprise版もあります。
Pandora FMS オープンソース版と Enterprise 版
http://pandorafms.com/Soporte/pricing/jp

Pandora FMS 5.1 SP3 – Download
http://pandorafms.com/Community/download/jp

VMwareイメージも提供されていたので、今回はこのovfを使用してVMware ESXiの仮想マシンとして稼働させました。

  1. VMwareイメージ ダウンロード
  2. PandoraFMS_5.1_SP3_VMWare_ovf.zip
    http://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%205.1/SP3Final/PandoraFMS_5.1_SP3_VMWare_ovf.zip/download

  3. 解凍
  4. PandoraFMS_5.1_SP3_VMWare_ovf.zipを解凍すると下記のファイルが作成されます。

  5. VMware vSphere Client起動
  6. VMware vSphere Clientを起動してESXiホストにログイン、ovfをデプロイします。

    Image20150910112100

    Image20150910112521

    Image20150910112524

    Image20150910112550

    Image20150910112559

    Image20150910112608

    Image20150910112616

    Image20150910112711

    Image20150910112725

    Image20150910112809

Pandora FMSの仮想マシンはCentOS 6.6ベースでした。

アプライアンス CD / 仮想マシン
http://pandorafms.jp/Pandora:Documentation_ja:Instalacion_CD_Appliance

初期パスワード
Console/ssh(Consoleはarticaで自動ログイン)

root / pandora
artica / pandora

MySQL

root / none

Web UI

admin / pandora

ネットワークはDHCPになっています。Web UIにアクセスしてログインしてみます。

Image20150910113049

Image20150910113326

ovfをデプロイするだけなので簡単に試せてこれはいいですね。
次回はKeyboard, locale, TimeZoneなどを日本に合わせます。

Leave a Reply