Apache Indexes option on CentOS 7

Facebooktwittergoogle_plusmail

CentOS 7にyumでApacheをインストールした場合のIndexesなど。

defaultではWelcomeページが表示されます。
Image20160208131306


defaultでは公開ディレクトリにindex.htmlが無い場合にこのページが表示されます。
これは/etc/httpd/conf.d/welcome.confで制御されています。

welcomeページを無効にします。

httpd.confでOptions Indexesが有効なので/var/www/htmlのディレクトリリストが表示されます。
Image20160208131352

Options Indexesを無効にします。

ちなみに下記ではエラーになります。

明示的に全てのoptionに+,-を指定するか、またはオプションそのものを無くす必要があります。

これでディレクトリリストが無効になりました。
Image20160208131609

Options -Indexesに設定した場合は/etc/httpd/conf.d/autoindex.confも必要無いので無効にします。

/etc/httpd/conf.d/autoindex.confはOptions +Indexesの場合に見栄えを良くする等の設定ファイルです。

こんな感じに表示されます。
Image20160208132144

ちなみにautoindex.confが無い場合はこんな表示です。
Image20160208132151

【追記】
Apacheセキュリティ設定
http://qiita.com/bezeklik/items/1c4145652661cf5b2271

Welcome.conf,autoindex.confなどdefaultでインストールされる*.confは削除してもUpdateで復活するようです。
従って空ファイルにした方がよさそうです。

そもそも残しておいてもそれほど問題ないと思いますが…..

Leave a Reply