Install NetCommons 2 on CentOS 7(apache,php,mariadb)

Facebooktwittergoogle_plusmail

CentOS 7にNetCommons 2をインストールしてみました。

Image20160113180758


究極の情報基盤システム – NetCommons
http://www.netcommons.org/

管理者マニュアル
http://manual.netcommons.org/管理者マニュアル

ユーザーマニュアル
http://manual.netcommons.org/ユーザーマニュアル


必要なシステム構成が管理者マニュアルにありました。

2-1-3 インストールしやすい組み合わせ
NetCommonsは次の環境で動作します。
PHP5.1.6 以降
データベース MySQL5.0以降
WebサーバApache 1.3もしくは2以降ですが、特に以下の組み合わせをお勧めしています。
(PHP 5.1.6, MySQL 5.0.22, Apache 2.2.3)
(2010年8月18日現在)

OSはFedoraCore 7またはCentOS 5をお勧めしています。Red Hat Enterprise Linux 5では動作確認済みです。今後、FreeBSDやUNIXで動作確認を行う予定です。詳細はNetCommons公式サイトで公開します。

情報がかなり古いですね。もっと新しい情報がどっかにあるのかと探したのですが見つけられませんでした。

今回のテスト環境です。
・CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)
・Linux host01.rootlinks.net 3.10.0-229.4.2.el7.x86_64 #1 SMP
・最小インストール

  1. Apacheのインストール
  2. phpのインストール
  3. PHP5.1.6 以降とありますがphpだけでいいのか、他のモジュールは何か必要なのか分かりません。
    取り敢えずphp,php-mysql,php-mbstringをインストールしておきます。

  4. mariadbのインストール
  5. phpのTimeZone
  6. /etc/php.iniを編集してTimeZoneを設定します。

  7. Apache,mariaDB自動起動の設定
  8. Apache,mariaDB起動
  9. mariaDB初期設定
  10. Firewallの設定
  11. httpd(80)への接続を許可します。

これで最低限の準備は終わりました。
それぞれ必要に応じてApache,php,mariaDBの設定を行って下さい。

次回はNetCommons 2をインストールします。

Leave a Reply