ssh port forwardingでrsyncを実行

Facebooktwittergoogle_plusmail

直接リモートサーバに接続できない場合、Linuxの中継サーバを経由して目的のリモートサーバとrsyncする方法のメモ。
しかしsshのport forwardingをしっかり理解できていないから毎回ネットを徘徊する老眼SEです(;_;

Linux01<===>Linux02(matsuoka)<===>Linux03(tanaka)
Linux02を中継してLinux01とLinux03の/backupの同期を行います。

  1. ssh port forward
  2. Linux01のlocal port:10022をlinux02(user:matsuoka)を中継してLinux03のport:22に転送します。

  3. rsync
  4. オプションが沢山付いていますが気にしないで下さい(笑)
    肝心ところは-e “ssh -p 10022”tanaka@localhost:/backup/でsshはlocal port:10022を使ってlocalhostに接続です。

これで直接接続できないリモートサーバとの同期ができました。
よかった。

ところで初めてrsyncを実行するとsshの警告がでます。

The authenticity of host ‘[localhost]:10022 ([::1]:10022)’ can’t be established.
RSA key fingerprint is 33:72:66:11:aa:64:1e:74:ca:b5:7a:32:54:ff:22:33.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added ‘[localhost]:10022’ (RSA) to the list of known hosts.

一応known_hostsには”[localhost]:10022 ssh-rsa”が追加されていてrsyncもできてるから大丈夫とは思うけど、localhostにsshしてはダメなのかな?

Leave a Reply

  

  

  


*