RHEL 7のランレベル(ターゲット)を変更する – systemctl

Facebooktwittergoogle_plusmail

Red Hat Enterprise linux 7からsystemdによる起動プロセス管理に変更になりました。
RHEL 6まではinittabでランレベル(runlevel)を変更していましたが7系からはsystemctlで変更します。

RHEL 7 における systemd の概要
https://access.redhat.com/ja/node/1379593

Traditional runlevel New target name Symbolically linked to…
Runlevel 0 | runlevel0.target -> poweroff.target
Runlevel 1 | runlevel1.target -> rescue.target
Runlevel 2 | runlevel2.target -> multi-user.target
Runlevel 3 | runlevel3.target -> multi-user.target
Runlevel 4 | runlevel4.target -> multi-user.target
Runlevel 5 | runlevel5.target -> graphical.target
Runlevel 6 | runlevel6.target -> reboot.target

6.3. SYSTEMD ターゲットでの作業
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/System_Administrators_Guide/sect-Managing_Services_with_systemd-Targets.html

表6.6 SysV ランレベルと systemd ターゲットの比較

ランレベル ターゲットユニット 詳細
0 runlevel0.target、poweroff.target システムをシャットダウンし、電源を切ります。
1 runlevel1.target、rescue.target レスキューシェルを設定します。
2 runlevel2.target、multi-user.target 非グラフィカルな複数ユーザーシステムを設定します。
3 runlevel3.target、multi-user.target 非グラフィカルな複数ユーザーシステムを設定します。
4 runlevel4.target、multi-user.target 非グラフィカルな複数ユーザーシステムを設定します。
5 runlevel5.target、graphical.target グラフィカルな複数ユーザーシステムを設定します。
6 runlevel6.target、reboot.target システムをシャットダウンして再起動します。

※それぞれのサイトから引用致しました。

  • デフォルトターゲットの表示
  • これは/etc/systemd/systemで確認できます。

  • デフォルトターゲットの変更

これ以外にもレスキューモード(systemctl rescue), 緊急モード(systemctl emergency)があるようです。

Leave a Reply

  

  

  


*