Fujitsu ServerView Agents for Linuxの接続テスト

Facebooktwittergoogle_plusmail

富士通PRIMERGYサーバのサーバ運用管理ツールはFUJITSU Software ServerView Suiteになります。

サーバ運用管理
FUJITSU Software ServerView Suite

http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/svs/

サーバ運用管理
FUJITSU Software ServerView Suite ソフトウェア解説

http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/svs/concept.html

監視対象のLinuxサーバにはFujitsu ServerView Agents for LinuxをインストールしてServerView Operations Managerに登録、監視・障害検知を行います。

ServerView Operations Managerに登録後、接続テストを行なうとSNMPテストラップでエラーになりました。
image20161018154615

ヘルプからテストトラップのエラー確認したところ下記の記述がありました。

テストトラップ: テストトラップを生成するために、snmpsetリクエストを対象のオブジェクトに対して送信します。
snmpsetリクエストが成功した場合、そのオブジェクトからトラップが受信可能かどうかをチェックするためにテストトラップが送信されます。
テスト結果は、「テストトラップを受信しました」、「設定エラー: テストトラップ (例 エージェントがインストールされていない、許可が与えられていない)」、または「タイムアウト」になります。
サーバがミュートモード中の場合、snmpset リクエストは送信されず「アラームは抑止されています」のテキストが表示されます。

例 エージェントがインストールされていない、許可が与えられていない」とのことです。
AgentsはインストールされているのでSNMPの書込許可が設定されていないようです。

Fujitsu ServerView Agents for Linuxをインストールすれば、ServerView用のsnmpd.confを作成してくれるのですがこれがRead-Onlyになっていました。

これを書込許可に変更して再度テストしてみました。

再度テストしてみます。
image20161018162731

以前はデフォルトでRead/Writeになっていたのかな?
特に変更しなくてもテストOKだったような気がするけど、セキュリティ的に変更したのかも。

Leave a Reply