Kali Linux Live USB persistenceのrootパスワード変更と自動ログインの停止

Facebooktwittergoogle_plusmail

前回、Kali Linux Live USB persistenceを作成しました。

Kali Linux Live USBにpersistence領域を作成する

このKali Linux Live USBはrootのパスワードはtoor、起動後はrootで自動ログインはそのままです。
変更が保持されるならrootのパスワード変更、自動ログインの停止もできないかと探したらありました。

  • rootのパスワード変更
  • 参考サイト
    Live USB with Encrypted Persistence ROOT password?
    https://forums.kali.org/showthread.php?29868-Live-USB-with-Encrypted-Persistence-ROOT-password

    通常通りパスワードを変更してからrootのパスワードを初期化している/lib/live/config/0031-root-passwordの”usermod -p ‘X014elvznJq7E'”をコメントに変更します。


  • 自動ログオンの停止
  • 参考サイト
    kali linux not asking password to login ( in persistence using USB)
    https://superuser.com/questions/1018739/kali-linux-not-asking-password-to-login-in-persistence-using-usb

    自動ログインの設定がある/etc/gdm3/daemon.confを編集します。


これで起動後はログイン画面が表示されてID,パスワード入力を求められました。またrootのパスワードも変更後のものになっていました。

Leave a Reply