VMware ESXi 5.0 on VMware Workstation 8

Facebooktwittergoogle_plusmail

VMware ESXi 5.0を試しにインストールしてみようと思っていたのですが、なかなかテスト環境のためのハードウェアが調達できない
そこでダメもとでVMware Workstation 8.0.2 build-591240にインストールしてみました

無謀と言えば無謀ですが同じVMware社の物なので案外いけるかも…

VMware vSphere Hypervisor(ESXi) 5.0 update 1
http://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/vs_pubs/vsp_esxi50_u1_rel_notes.html


今回使用したインストールモジュールはVMware-VMvisor-Installer-5.0.0.update01-623860.x86_64.iso, VMware-viclient-all-5.0.0-623373.exeで事前にVMware社に登録してDownloadしておきます

  1. VMware Workstationで[新しい仮想マシン]を選択
  2. インストールイメージのVMware-VMvisor-Installer-5.0.0.update01-623860.x86_64.isoを指定
  3. ここで[VMware ESXi 5が検出されました]とのメッセージ表示。やっぱりね(笑)

  4. 仮想マシンの名前、保存場所を指定
  5. ディスク容量の指定。標準は40GB
  6. 仮想マシンを作成する準備完了で仮想マシンをブート
  7. 仮想マシンのVMware ESXi 5がブートしてインストールが始まる
  8. Welcome to the VMware ESXi 5.0.0 Installationで(Enter)
  9. End User License Agreement (EUla)で(F11)
  10. Devises Scanning….
  11. Select a Disk to Install or Upgradeで(Enter)
  12. ここでVMware ESXi 4.0が見つかればUpgradeできるのかも…

  13. Please select a keyboard layoutでJapaneseを選択して(Enter)
  14. 管理者rootのパスワードを設定して(Enter)
  15. Scanning system….
  16. CPU,BIOSのハードウェア仮想機能が有効で無いと警告が出るがそのまま(Enter)
  17. Confirm Installで(F11)
  18. Installing ESXi 5.0.0
  19. Installation COmpleteでSuccessfullyで表示されていれば(Enter)
  20. ESXi 5.0が再起動

あとはいつものようにネットワーク環境の設定やssh, local shellを有効にするだけです

また、ホストPCのハードウェアが仮想機能を実装しているならVMの設定編集画面でIntel VT
/AMD-Vの機能を有効にします

Leave a Reply

  

  

  

*