FreeNAS ZFS WARNING: vm.kmem_size and vm.kmem_size_max

Facebooktwittergoogle_plusmail

FreeNASを設定しているとコンソールに下記の警告が表示される

kernel: This module (opensolaris) contains code covered by the
Common Development and Distribution License (CDDL)
see http://opensolaris.org/os/licensing/opensolaris_license/
WARNING: ZFS is considered to be an experimental feature in FreeBSD.
ZFS WARNING: Recommended minimum kmem_size is 512MB; expect unstable behavior.
Consider tuning vm.kmem_size and vm.kmem_size_max
in /boot/loader.conf.
ZFS filesystem version 3
ZFS storage pool version 13

メモリが1GBしか無いので仕方ないのだが、気になるので警告を出さなくする方法を探した


メッセージにあるように/boot/loader.conf に vm.kmem_size と vm.kmem_size_maxを記述して調整しろとのことなので取り敢えず下記を追加することにした

vm.kmem_size=”512M”
vm.kmem_size_max=”512M”

  1. システム|高度な設定
  2. チューニングで[□いくつかのカーネル変数のチューニングを許可する]にチェックする

  3. 高度な設定|ファイルエディタ
  4. […]をクリックして編集する/boot/loader.confを探します。あれれ? /boot/loader.conf が見当たらない。で調べると[embedded版は/cf/boot/loader.conf]でした

  5. /cf/boot/loader.conf
  6. /cf/boot/loader.confを指定して上記2行を追加でして保存

  7. 再起動
  8. げっ! 起動してきません。ルートファイルシステムが見当たらないようです….
    もしかして/cf/boot/loader.confには他にも必要な記述があるのか!

再度インストールして基本設定を行う。で、sshを有効にして変更前の /cf/boot/loader.conf を覗いてみると案の定下記の設定がありました

freenas:# cat /cf/boot/loader.conf
mfsroot_load=”YES”
mfsroot_type=”mfs_root”
mfsroot_name=”/mfsroot”
hw.est.msr_info=”0″
autoboot_delay=”5″
isboot_load=”YES”

検証のためにオリジナルの/cf/boot/loader.confのバックアップをとって上記の手順をもう一度行ってみます

freenas:~# mount
/dev/md0 on / (ufs, local)
devfs on /dev (devfs, local)
procfs on /proc (procfs, local)
/dev/md1 on /var (ufs, local)
/dev/da0s1a on /cf (ufs, local, read-only)
freenas:~# mount -u -w /cf
freenas:~# mount
/dev/md0 on / (ufs, local)
devfs on /dev (devfs, local)
procfs on /proc (procfs, local)
/dev/md1 on /var (ufs, local)
/dev/da0s1a on /cf (ufs, local, soft-updates)
freenas:~# cp /cf/boot/loader.conf /cf/boot/loader.conf.backup

[高度な設定|ファイルエディタ]から同様にvm.kmem_size=”512M”とvm.kmem_size_max=”512M”の2行を追加したあとで更新された/cf/boot/loader.confを確認すると

freenas:# cat /cf/boot/loader.conf
vm.kmem_size=”512M”
vm.kmem_size_max=”512M”

と見事に2行だけになっていました。これではダメですね

最終的にはバックアップファイルを戻してviで追記しました

freenas:~# mount -u -w /cf
freenas:# vi /cf/boot/loader.conf

mfsroot_load=”YES”
mfsroot_type=”mfs_root”
mfsroot_name=”/mfsroot”
hw.est.msr_info=”0″
autoboot_delay=”5″
isboot_load=”YES”
vm.kmem_size=”512M”
vm.kmem_size_max=”512M”
~
~

このあと再起動を行って無事に起動してきてメモリ関連の警告は出なくなりましたが[ZFSはFreeBSDの試験的な機能です]って言うのは出るみたいです。まぁ、これは仕方ないですね

WARNING: ZFS is considered to be an experimental feature in FreeBSD.

[高度な設定|ファイルエディタ]から/cf/boot/loader.confを読み込んだ時に内容を表示してくれてもよさそうですが…まぁ、これが高度な設定なのかも知れません 😛

Leave a Reply