How to enable the swap file on Nexus 7

Facebooktwittergoogle_plusmail

Nexus 7にswap fileを作成して有効にしてみました

  • Nexus 7
  • Android 4.2.2 + rooted + BusyBox

作業はrootで行います

  1. Consoleからrootになる
  2. u0_a120@android:/ $ su

  3. swap fileを作成
  4. /dataの下にswapディレクトリを作成して、その中にnull charactersファイルを作成します。
    とりあえず512MB(1024*512=524288)のサイズで作成しました。時間は7分ぐらい掛かるので暫く待ちましょう

    root@android:/ # cd /data
    root@android:/data # mkdir swap
    root@android:/data # cd swap
    root@android:/data/swap # dd if=/dev/zero of=swapfile bs=1024 count=524288

    524288+0 records in
    524288+0 records out
    536870912 bytes transferred in 454.159 secs (1182121 bytes/sec)

  5. swap fileにコンバート
  6. nullファイルをswap fileに変換します

    root@android:/data/swap # mkswap swapfile
    Setting up swapspace version 1, size = 536866816 bytes
    UUID=b9727c13-90c8-4e9f-aadc-xxxxxxxxxxxxxx

    root@android:/data/swap # ls -l
    -rw——- root root 536870912 2013-03-15 02:38 swapfile

さてswapを有効にする前にメモリの状態を確認します

swapを有効にしてメモリを確認します

swapを無効にしてメモリを確認します

swapを有効にして暫くブラウジングやメールチェックなどを行なってからメモリを確認するとmemory swapされていました

一応スワップしているものの、どこまで効果があるのかわかりません。
もしかしたら逆に動作が遅くなったり、バッテリーの消費が激しくなるかも…まぁ出来たよってことで(^o^)

それでも暫くswap有効にして遊んでみます

【続き】
昨日からswap onでずっと使っていますが特に大きな問題も無さそうです
途中で確認したら思った以上にスワップしてました。

Leave a Reply

  

  

  


*