Backup of the virtual machine on VMware ESXi 5.1 with the ghettoVCB.sh

Facebooktwittergoogle_plusmail

VMware ESXi 5.1 U1で動作している仮想マシンのバックアップに無償のghettoVCBを利用していますが、バージョンアップしてESXi 5.1対応になっていましたので入れ替えました

ghettoVCB on VMware ESXi 5.1
http://www.rootlinks.net/2012/09/20/ghettovcb-on-vmware-esxi-5-1/

ghettoVCB.sh – Free alternative for backing up VM’s for ESX(i) 3.5, 4.x & 5.x
http://communities.vmware.com/docs/DOC-8760

  • Support for ESXi 5.1 NEW!
  • Support for individual VM backup via command-line NEW!
  • Support VM(s) with existing snapshots NEW!
  • Support mulitple running instances of ghettoVCB NEW!(Experimental Suppport)
  • Configure VM shutdown/startup order NEW!
  • Support changing custom VM name during restore NEW!


Download
https://github.com/lamw/ghettoVCB

  1. ダウンロード
  2. 上記GitHubサイトより最新のzipファイルをダウンロードします
    ダウンロードは[ZIP]をクリックすればダウンロードできます

  3. ESXiホストにアップロード
  4. ダウンロードしたghetto-master.zipをsftpやVMware vSphere Clientを使ってESXiホストのデータストアにアップロードします

  5. 展開
  6. ghetto-master.zipを展開します

  7. 実行権限を追加
  8. Shell Scriptに実行権限を与えます

  9. コンフィグファイル編集
  10. 実行時に指定するコンフィグファイルを編集します
    【ghettoVCB.conf】

    VM_BACKUP_VOLUME=/vmfs/volumes/dlgCore-NFS-bigboi.VM-Backups/WILLIAM_BACKUPS
    DISK_BACKUP_FORMAT=thin
    VM_BACKUP_ROTATION_COUNT=3
    POWER_VM_DOWN_BEFORE_BACKUP=0
    ENABLE_HARD_POWER_OFF=0
    ITER_TO_WAIT_SHUTDOWN=3
    POWER_DOWN_TIMEOUT=5
    ENABLE_COMPRESSION=0
    VM_SNAPSHOT_MEMORY=0
    VM_SNAPSHOT_QUIESCE=0
    ALLOW_VMS_WITH_SNAPSHOTS_TO_BE_BACKEDUP=0
    ENABLE_NON_PERSISTENT_NFS=0
    UNMOUNT_NFS=0
    NFS_SERVER=172.30.0.195
    NFS_MOUNT=/nfsshare
    NFS_LOCAL_NAME=nfs_storage_backup
    NFS_VM_BACKUP_DIR=mybackups
    SNAPSHOT_TIMEOUT=15
    EMAIL_LOG=0
    EMAIL_SERVER=auroa.primp-industries.com
    EMAIL_SERVER_PORT=25
    EMAIL_DELAY_INTERVAL=1
    EMAIL_TO=auroa@primp-industries.com
    EMAIL_FROM=root@ghettoVCB
    WORKDIR_DEBUG=0
    VM_SHUTDOWN_ORDER=
    VM_STARTUP_ORDER=

    取り敢えずVM_BACKUP_VOLUME=の部分を書き換えてバックアップファイルの保存先を指定すれば実行させることができると思います

    私はFreeNASで構築したNASをNFSで利用できるようにしてあるのでVM_BACKUP_VOLUME=/vmfs/volumes/FreeNAS/vm_backup
    と書き換えてあります

  11. バックアップ
  12. 試しに仮想マシンをバックアップしてみます

  13. バックアップファイルの確認
  14. 仮想マシンのNAS4Freeは電源ONの状態でしたがエラーも無くバックアップが完了しました

ghettoVCB.sh

Leave a Reply

  

  

  


*