Backup of the virtual machine on VMware ESXi 5.5 with the ghettoVCB.sh

Facebooktwittergoogle_plusmail

先日VMware ESXiを5.1からESXi 5.5にアップデートしたのでVMのバックアップツールghettoVCB.shも最新版に入れ替えました

ghettoVCB.sh – Free alternative for backing up VM’s for ESX(i) 3.5, 4.x & 5.x
https://communities.vmware.com/docs/DOC-8760

lamw / ghettoVCB(Download)
https://github.com/lamw/ghettoVCB
https://github.com/lamw/ghettoVCB/archive/master.zip


ドキュメントには5.5対応との記載は無いのですがスクリプトを確認するとバージョン判定に5.5が追加されているのでESXi 5.5対応になっていると思います

ちなみにスクリプトからバージョンは

になります

  1. Download
  2. 上記サイトからghettoVCB-master.zipをダウンロードします
    ただしGitHubがhttpsなのでESXiのwget(BusyBox)ではhttpとftpのサポートのみなので直接ダウンロードできません
    しかたがないので一度パソコンにダウンロードしてからデータストアにアップロードします

  3. 解凍
  4. ghettoVCB-master.zipを解凍します
    何気なく-oオプションで上書きしてしまいましたが、ghettoVCB.confも置き換わってしまいました(^^;;

  5. ghettoVCB.confの編集
  6. ghettoVCB.confを環境に合わせて編集します。取り敢えずバックアップ先を変更すれば動作すると思います
    こちらの環境ではFreeNAS9でnfsを設定してVMware ESXi hostにnfsマウントしています
    Image20140312154134

  7. バックアップ
  8. 試しにバックアップを実行してみます
    オプション指定などが面倒なので簡単なshell scriptを作成しています

無事にバックアップが開始されました。ちょっと時間が掛かりそうですが無償でこれだけのことができるのですから感謝です

Thanks!!
Author: William Lam
Website: http://www.virtuallyghetto.com/

Leave a Reply

  

  

  


*