Backup ESXi Host Configuration(vim-cmd command)

Facebooktwittergoogle_plusmail

VMware ESXiのホスト設定情報のバックアップ方法です

バックアップにはvicfg-cfgbackupコマンドがありますが、今回はESXiホストに標準で実装されているvim-cmdコマンドを使用してみます

ちなみにvicfg-cfgbackupを使用してのバックアップはこちらを参考にして下さい
Backup VMware ESXi 5.0 Host Configuration
http://www.rootlinks.net/2012/08/18/backup-vmware-esxi-5-0-host-configuration/

【参考サイト】
How To Backup & Restore Free ESXi Host Configuration
http://www.virtuallyghetto.com/2013/02/how-to-backup-restore-free-esxi-host.html

  1. shellにログイン
  2. ESXiホストにshellでログインします
    sshを有効にしておくとメンテナンスに便利です

    VMware ESXi 5.0にsshで接続
    https://www.rootlinks.net/2012/04/12/vmware-esxi-5-0にsshで接続/

  3. 設定情報の同期
  4. ESXiホスト設定情報をストレージに同期しておきます

  5. バックアップ
  6. ESXiホスト設定情報のバックアップを行います。オプションは無いのでファイルは自動で作成されます

  7. バックアップファイルのダウンロード
  8. ESXiホストの設定情報のバックアップをWebブラウザからアクセスしてダウンロードします

    URL: http://ESXi_host/downloads/configBundle-vmesxi.rootlinks.net.tgz

これでESXiホスト情報のバックアップは完了です
ちなみにバックアップファイルのtgzは内蔵データストアに作成されます。従ってVMware vSphere Clientからデータストアの参照でダウンロードすることも可能です

参考

Leave a Reply

  

  

  


*