VMware vCenter Converter Standalone

Facebooktwittergoogle_plusmail

VMware vCenter Converter Standaloneは物理マシンを仮想マシンに変換(P2V)する無償のソフトです。

VMware vCenter Converter
http://www.vmware.com/jp/products/converter/
ダウンロードにはMy VMwareのアカウントが必要です。

今回はVMware Workstation 11の仮想マシンをVMware ESXi 6.0の仮想マシンに変換して登録します。


ソフトはVMware-converter-en-6.0.0-2716716.exeをダウンロード、インストールして使用しました。
ちなみにインターフェイスはすべて英語です。

  1. 変換元仮想マシンの指定
  2. 変換元仮想マシンの指定を行います。変換元の仮想マシンタイプは5種類から選択できます。
    今回はVMware Workstation 11の仮想マシン(CentOS)を指定しました。

    Image20150523113047

    Image20150523113126

  3. 変換先仮想マシンの指定
  4. 変換先はVMware WorkstaionかVMware ESXiが指定できます。
    今回はVMware ESXi 6.0上の仮想マシンとして変換します。
    Image20150523113224

  5. 証明書警告
  6. 証明書の警告が表示されますが、Ignore(無視)します。
    Image20150523113232

  7. 仮想マシン名の指定
  8. VMware ESXi 6.0に登録する仮想マシン名を指定します。
    Image20150523113250

  9. 仮想マシンの保存場所指定
  10. VMware ESXi 6.0上の保存場所を指定します。さらに仮像マシンバージョンも指定します。
    仮想マシンVersion 9以降はVMware vSphere Clientで設定の編集が制限されます。VMware WorkstationやFusionが無いとVersion 8を指定した方がいいでしょう。
    Image20150523113331

  11. オプション設定
  12. 必要に応じてオプションを設定します。
    Image20150523123530

  13. 概要
  14. 変換する仮想マシンの概要が表示されます。
    Image20150523113458

  15. 変換終了
  16. 変換が完了しました。
    Image20150523114806

これでVMware ESXi 6.0上にCentOSの仮想マシンが作成されました。
Image20150523114914

Leave a Reply