Clone the VM on VMware ESXi(not install a vCenter Server) – 2

Facebooktwittergoogle_plusmail

さて、前回の作業でVHDのクローンは作成できましたので、今回は実際に仮想マシンとして登録します

Clone the VM on VMware ESXi(not install a vCenter Server)
http://www.rootlinks.net/2014/03/11/clone-the-vm-on-vmware-esxi-not-install-a-vcenter-server/

  1. VMware vSphere Client起動
  2. Mware vSphere Client起動してVMware Hostに接続します

  3. 新規仮想のマシン
  4. Mware vSphere Clientのメニューから[ファイル(F)]-[新規(N)]-[仮想マシン(N)]を選択します

  5. 構成
  6. [カスタム]を選択します

  7. 名前と場所
  8. 名前を指定します

  9. ストレージ
  10. 作成したクローンVHDが保存されているストレージを選択します

  11. 仮想マシンのバージョン
  12. 仮想マシンのバージョンを指定します

  13. ゲストOS
  14. ゲストOSを指定します。NAS4freeはFreeBSD(64bit)で動作します

  15. CPU
  16. CPU数を指定します

  17. メモリ
  18. メモリ容量を指定します

  19. ネットワーク
  20. ネットワーク接続を指定します

  21. SCSIコントローラ
  22. SCSIコントローラを指定します
    構成ファイルに記載されている”ddb.adapterType = “lsilogic””に合わせて指定すれば大丈夫と思います

  23. ディスクの選択
  24. ここが一番重要で[既存の仮想ディスクを使用]を選択します

  25. 既存のディスクの選択
  26. 作成したクローンVHDを選択します

  27. 詳細オプション
  28. そのまま[次へ]

  29. 終了準備の完了
  30. [終了]でインベントリにクローンVHDで作成した仮想マシンが登録されます

あとは電源ONで仮想マシンが起動してくるか確認して下さい
起動してきたら当然のことながらホスト名やIPアドレス等が同じなので変更する必要があります。またWindowsならsysprepは必須ですね

Image20140311183932

Image20140311184018

Leave a Reply

  

  

  


*