VMware ESXi ホストサーバの移行

Facebooktwittergoogle_plusmail

先週の土日で事務所のVMware ESXiホストサーバの移行作業を行いました。

5年間まったくハード障害が無かったNEC Express5800/110Geですが8GBのメモリでは仮想マシンの動作が緩慢になっていました。

2009年10月16日の記事
VMWare ESXi 4.0
https://www.rootlinks.net/2009/10/16/vmware-esxi-4-0/

• NEC Express5800/110Ge
• Intel Core 2 Quad Q8400 2.66GHz
• Transcend JetRam DDR2-800 (2GB×2)×2
• 日立GST Deskstar 7K1000.B × 2


この構成で5年間の連続運転でハード障害がまったく無かったのは有り難いことです。
夏場も夜間はエアコンを切っていましたがそれでも高温に敢えて頑張ってくれました。
やはり安価でもサーバ筐体はそれなりの造りになっているのでしょう。

先日、新たに購入した富士通PRIMERGY TX1310 M1にこの役目を交代させました。

FUJITSU PRIMERGY TX1310 M1のCPU,メモリ,HDD交換
https://www.rootlinks.net/2015/06/09/fujitsu-primergy-tx1310-m1のcpuメモリhdd交換/

VMware ESXi 6のホストマシンで仮想マシンはghettoVCB.sh でのバックアップ、リストアで移行しました。
一週間経過しましたが安定稼働しています。
メモリ8GBから32GBになって余裕ができたので検証用仮想マシンの構築も暫く心配なさそうです。

NagiosのESXiメモリ監視
Image20150704093623

Leave a Reply

  

  

  


*